Nayutimeでは、最新のIT・AIについてお伝えします。筆者は,ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者の国家試験に合格しています。

自己紹介

経歴

平成2年に生まれてから現在に至るまで,ずっと名古屋で暮らしています。

中学の時の内申は40くらいなので中くらいでしょうか。

 
なゆた
テスト1週間前からしか勉強しないタイプでした。

高校生の時は、3年生になるまで勉強を怠けていました。勉強する意味が何かわからず。

将来何の役に立つの??

勉強する意味がわからないから勉強しない、そして悪いテストの点を周りと見せ合って笑う。

赤点でも気にしない。

勉強しなきゃなと思ったのは、「ドラゴン桜」という漫画がきっかけです。

 
なゆた
勉強しない人は損をするということを学びました。

でも、高校3年から勉強始めてもうまくいきません。 sinθとはなんぞやといった状態でした。

 
なゆた
やばいです。高校1年に戻って勉強したいと今でも思います。

その辺の大学行くなら、やっぱり有名な大学に行きたいということで、親に浪人することをお願いしました。

この時、親はどんな気持ちだったのかと思うことがあります。全然学力が足りない人が「東大行くから浪人させて欲しい」と言ってるのだから。

そこからは,1日中塾の自習室に缶詰で勉強しました。

昼休みはカロリーメイト、夜ご飯はブラックサンダーを食べながら勉強してましたね。

 
なゆた
人生で1番勉強していた??わけではないことを後から知ります。

東京大学には届きませんでした。1浪でどうにかなる頭と勉強量じゃなかったのです。

一方で、明治大学と名古屋大学に受かりました。

両親とどちらに行くか相談しましたが、学費の問題もあり名古屋大学に入学することになりました。(東京に憧れていたため、明治大学に行きたかったです。)

大学とはどういうものかわからず,難易度と就職率だけで選んだ大学・学部です。

 
なゆた
この時にITの学科を選んでおけば良かったなと思います。

大学は、楽でした。余り勉強していなくても進学していくことができたからです。

バイトと飲み会で楽しい日々を送っていました。

表面上は充実した生活を送っていたかも知れません。が虚無感はありました。

やりたいことがない。っという状態です。

大学も良い大学だし、将来大丈夫でしょ。っとタカを括ってもいました。

しかし,やりたいことはわからないまま,就職活動を行うことになりました。

就職活動は割とうまくいき,ホワイト企業で有名な会社に内定をもらいました。

 
なゆた
後に、この世にホワイトな会社がないことを知りました。

ホワイト企業ランキングに名を連ねる会社でさえ、世にいうパワハラやサービス残業が横行している。

まったりと平均年収以上の会社で働けると思っていたのが大違い。

ここからが地獄の始まりです。睡眠時間を削り仕事,疲労困憊で疲れて寝るだけの休日,もしくは自己研鑽という名のサービス残業をする休日も沢山ありました。

 
なゆた
ホワイト企業と呼ばれるうちの会社でこれか。という印象でした。

初めは自分の知識・経験不足だから仕事が終わらないと思っていました。

ベテランの人達は定時で帰っている人も多かったのです。

ある日、書店に仕事の仕方の本が並んでいることに気づきました。(当時、ビジネス本というジャンルがあることを知りませんでした。)

何冊か本を読んで、自分の行動に間違いがあることを学びました。

大学入試で少し上手くいったからといって、勉強をやめてはならないのだということ。

また、ブラックだと思っていたけど、自分の働き方が良くないことがわかったのです。

読書を習慣づけ、仕事の仕方を変えていきました。

浮いた時間でさらに読書するようになりました。

 
なゆた
だんだん、仕事も楽しくなってきましたね。

また、仕事をしていく上でめちゃめちゃ仕事が好きな人に会いました。

後輩だったのですが、幼いころからプログラミングが好きだったようです。

後輩のプログラミング技術は武器となり会社で重宝されています。

私は後輩に憧れて、ITの勉強をするようになりました。

VBAやPythonといった言語も勉強しましたし、(現在もしています。)

ITの国家試験の勉強も始めました。

その中で、応用情報技術者の資格を目指しました。

ITは、勉強開始当初かなり苦戦しました。チンプンカンプンだったからです。

専門用語の多さ、出題範囲の広さ。そして慣れないアルゴリズム問題。毎日の仕事で平日は勉強時間も30分程度しか取れない。

しかし、根気よく勉強を続けて、なんとか応用情報、基本情報、ITパスポートを取得することができました。

ITの勉強は小さいハードルが沢山あるイメージです。

勉強をやめてしまいたくなる時が何回もくるかと思います。(別の勉強もそうかもしれないですが。)

みなさんが応用情報技術者、基本情報技術者、ITパスポートを合格することに私の記事が役立てれば幸いです。

よろしくお願いいたします。

>Nayutime

Nayutime

こちらのサイトでIT・AIについて興味を持っていただき,情報について強くなっていただければ幸いです。

CTR IMG